社名の由来

yurai01脱サラをし、会社を作ろうと思った2000年春、私の手にあるものは、起業するには心許ないわずかなお金と水産業界で培った数年のキャリアだけでした…。

それでも独立しよう、起業しようと思ったのは、私が感じた海への深い憧れを形にしたい、「感動」を届けたいと思ったからに他ありません。

伊豆で育った私にとって「海」は、子供の頃からの遊び場であり、潜る度にいつも新鮮な驚きをくれる「宝物」のような存在でした。

 

そんな私の中でも「ブルーコーナー」は特別なダイビングスポットだったのです。

yurai02ナポレオンフィッシュという王様に会い、バラクーダのトルネードに目を回し、メジロザメに囲まれた時の緊張感…。ウメイロモドキのカーテンと一面に咲き誇るサンゴ礁のじゅうたん…。

竜宮城に勝るとも劣らない、正に夢の世界がありました。

「ブルーコーナー」は、今でもそしてこれからも変わり続ける事のない、私の夢の原点であり、私が会社を通じて人々に見せてあげたい究極のスクリーンなのです。

「ブルーコーナー」の名に恥じない会社になること…。

それは、「世界一のサプライヤー」になると誓った今でも変わることの無い「永遠の夢」なのです。