ご挨拶

有限会社ブルーコーナー 代表取締役社長 石垣幸二

有限会社ブルーコーナー
代表取締役社長 石垣幸二
【Facebook】

子供の頃に見た宝箱のような海が忘れられなくて、
何かを極める人々の輝きに魅了されて、脱サラをしたのが2000年3月。
家族もいるのに一人で突っ走り、もらい物の中古の水槽と小さなプレハブ。
それが、ブール―コーナーの始まりでした。
夢だけは大きく、ただ、その度に現実の壁に突き当たり、経営はすぐにどん底。
笑顔で支え続けてくれる家族のためにも…そんな思いが私の頭の中をグルグルと
駆け巡り、いつしか、当初の志が薄れていきました…。
子供の貯金までおろして掴んだ、最後のチャンス、モナコでの世界水族館会議…。
私は必死でした。
その時の私は、夢ではなく、海ではなく、お金を追いかける男になっていました。
そんな私に投げかけられた、ある恩人の言葉。

下田の海プレハブブルーコーナー世界会議

「君はこの仕事を何年続けていくつもりだね?」

フォレストヤング私は、その時、ガツンと頭を殴られたような衝撃を受けました。
そして、茫然と立ち尽くす私の頭の中には、起業した時の「思い」が蘇ってきたのです。
そして、決めたのです。

「世界一のサプライヤーになる」と

世界一のサプライヤーになる世界で最も信頼される水族館生体納入業者になることを、
どんなに苦労をしても、もう絶対にぶれない事を心に誓ったのです。
生体の情報を正確に伝え、水族館の立場に立った専門業者としてやり抜こうと…。

そうして仕事に没頭する中、私に投げかけられた、一つの言葉に出会いました。

「水族館に来るお客さんで魚好きは1割もいない」

この言葉は、私の新たな出発点になりました。
魚に興味のない人たちにどうやって魚のかっこよさや可愛らしさを伝えるか…。
今までの水族館の常識を非常識とまで捉え、徹底的に、お客様の目線に立った
表現方法、展示方法を模索したのです。
私の中には「これでよい」という言葉はすでに無くなっていました。
周りが呆れるほどのスーパーバカになっていったのです。
そして、そんな私に、人生を変えるほどの新たな出会いが訪れました。

よしもと看板よしもと入口よしもと館内

「地元の人が自慢できる施設を作りたい」

深海水族館 シーラカンス・ミュージアム私はこの言葉に大いに共鳴をしました。
今まで培ったノウハウ、人脈、思いの全てをつぎ込み、2011年12月、沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアムの館長に就任したのです。
今まで、誰も目にしたことも、体感したこともない「深海」の世界を、一人でも多くの方に知ってもらいたい、世界中の人に発信したい!
この思いに、もはや一点の曇りもありません。

会社設立から15年。
その間、色んな方々との出会い、言葉の一つ一つが私の人生の分岐点であり、宝です。
この度、一緒に夢を追いかける新しいスタッフも増え、念願であった海沿いへと移転することも出来ました。

私たちブルーコーナーは、「世界一のサプライヤーになる」という言葉に恥じない、
お客様への信頼をもととした企業活動を、今後も展開していくつもりでおります。

新生ブルーコーナーにご期待頂きたいと思います。

有限会社ブルーコーナー 代表取締役社長 石垣幸二