エビにしか見えません

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

道具を使うのは人間だけかと思ってませんか

最近の研究ですと木の枝を使って穴の中の虫を穿り出す

頭の良いカラスが話題になったりしましたね

 

魚の世界ではアンコウの仲間が釣り竿よろしく疑似餌を振って小魚をおびき寄せる

身体の一部ではありますが、道具を使って獲物をとる代表的な種類ですね

 

 

 

 

 

ひらひら~

 

『今日はあたりがないなあ』

 

 

 

『今回は釣れなかったなあ』

 

 

『また明日、釣りにくるか~』

 

 

 

 

大事な疑似餌、エスカをしまいましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イロカエルアンコウ

まさしくエビですね、エビにしか見えません!疑似餌のクオリティがプロのモデラーをもうならせる

 

魚の眼の精細度が不明ですが、エビだと思って近づいてしまう小魚の気持ちがわかりますよね。

人間の眼でさえ見間違うのですから

それもエビがひらひらしてる動きまでつけてるのですから、すい寄せられてしまいますよね‼

 

間違ったエビじゃないと思った時には口の中へ

普段はのそのそとした動きなのに

捕食するスピードの速さにもビックリ‼

皆さんの水槽へとご招待いただきますように、お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

魚類輸送の時にも

トラックにも釣り竿を積んで~

 

 

走りましょうか~