ドラゴン

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

今日はブルーコーナーで今だけしか取り扱うことのできない
生き物のご紹介をしたいと思います!

 

 

 

 

リーフィーシードラゴン(Phycodurus eques)        ウィーディーシードラゴン(Phyllopteryx taeniolatus)

どちらも南オーストラリア固有種となります。
最大の特徴は体の周りにある海藻を模した皮弁とよばれる突起物でしょうか。
魚?とも生き物?言い難い特殊なフォルムに息をのんでしまいます。

 

現在、この2種類のドラゴンはオーストラリア政府によって保護されています。
そのため流通するのは、政府より許可を得た人(現在は1名のみ!)が抱卵した個体を採集し
孵化した個体のみが取引されます。

 

ブルーコーナーは、この許可を持っている方とのパイプがあり
世界的にも貴重なドラゴンを扱える、世界でも一握りにも満たないサプライヤーなのです!

 

 

世界中からオーダーが入りますが…今の時期しか流通することはありません。
現在、日本国内でもドラゴンが展示されている水族館は極わずか…


この大変貴重な2種類のドラゴンは現在18~20㎝程のサイズとなります。
輸送しやすく、皮弁にも迫力が増して見応えもするサイズ感となってきました!
是非この貴重なドラゴンにご興味が御座いましたら、ブルーコーナーまでお問い合わせください。