Mimic

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

今日は違う種類なのに非常にそっくりなお魚をご紹介したいと思います!
そこには面白い訳があるんです♪

 

 

 

 

同じ魚に見えませんか?
実はこの2匹は別種なんで御座います!?!?!?

【左】:シマキンチャクフグ(Canthigaster valentini)
【右】:ノコギリハギ(Paraluteres prionurus)

そう!名前の通り左側がフグの仲間で、右側がカワハギの仲間になります!

何故こんなにもソックリなのかというと
シマキンチャクフグはフグの仲間ですので体の中に毒を持っています!
無毒なノコギリハギが有毒なシマキンチャクフグを真似る(擬態)ことで身を守っていると考えられています。
そんなノコギリハギ、海外では「Mimic filefish(真似るカワハギ)」なんて呼ばれているんです!

ちなみに見分けるにはヒレの形状を見るのですが…
僕たちスタッフでも一瞬見ただけではわからないぐらいソックリなんです。
ある意味スタッフ泣かせな魚かもしれません(笑)

 

 

シマキンチャクフグとノコギリハギをお探しでしたら是非ブルーコーナーにお声掛けください!
本日ご紹介した以外にも数多くの「擬態をする生物」を取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください!