いっしょ part2

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

昨日は色々な生き物のペア(夫婦)をご紹介しました!
そして今日は種類の壁を越えた仲良し生物をご紹介したいと思います♪

 

 

 

【左】オドリハゼ(Lotilia graciliosa)
【右】ブドウテッポウエビ(Alpheus rubromaculatus)

種類の壁を越えた…というのはナント!? ハゼとエビになります!
ダイビングをされる方にはメジャーかもしれませんが「共生ハゼ」という呼び名で紹介されることも多くあります。

何が共生なのかと申しますと
エビ→隠れ家となる巣穴を掘ります!しかし視力がよくありません…
ハゼ→エビの掘った巣穴で生活します!その代わりに見張り役をしてエビに危険を知らせます!
(個人的には水槽内でハゼがエビに餌を与える姿も見たことがあります)

お互いがお互いの欠点の補い、助け合う…まさに共生。
言葉の通じない生物が織りなす美しい関係性。

 

 

 

 

大きさは2~3㎝程度
オドリハゼは共生ハゼの中では小型の部類になりますが、とても珍しいお魚です!
常にヒレをヒラヒラ動かす姿が踊っているようなことが名前の由来です。

 

 

いつも一緒でとても仲良し💛

ペアもの~共生生体もブルーコーナーにお任せください!
エビとハゼのやりとり!?は水槽の前でずーーーっと見ていられますよ♪