お気に入りなエビ

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます🙇

ということで、このアクティビティレポートはスタッフ3名で順番に書いており
新年から今日で3日目ということで一周します。新年のご挨拶も今日でひと段落♪

 

 

 

 

 

早速ですが、今日は深海底曳網漁より採集される個人的にお気に入りなエビをご紹介します!

 

 

ミカワエビ(Eugonatonotus chacei)
生息水深100~400mと広い水深帯より採集されるものの
とにかく数が少ない…水族館でも見る機会は非常に少ないかと。

食用にまわるエビは1日で数百キロも水揚げされるのに、ミカワエビは多くても3匹程度。
生息密度が少ない?、実は他の水深にたくさんいる?、生活形態の違い?など理由はわかりません。
ちなみにミカワエビは盛んに泳ぎ回ることはせず、いつも何かにつかまっていることがほとんど。

 

 

 

 

昨日捕獲されたクマサカガイにくっ付いていたところをパシャリ!
ミカワエビよりもクマサカガイのインパクトに目が行ってしまう気持ちはわかりますが…
本日の主役はあくまでもミカワエビ!!!

 

大きさは5~10㎝未満が多いでしょうか!?
よ~く見てみると、小さいながらも非常に美しい色彩をしていませんか?
しかも眼はまん丸でクリックリ!
アンバランスで頭でっかちなっフォルム!
基本的に何かにつかまってジッとしている…などなど地味めながら魅力満載のエビさんです!

 

 

今年は当たり年なのか例年にない程の数が捕獲されます!!(とはいっても1日で8匹とか💦)
お気に入りのエビがたくさんやって来てくれると嬉しくなっちゃいます♪

こうなったからにはミカワエビがスポットライトを浴び、人気者になってほしい!と思うのが親心!(笑)

 

本日のレポートを見ていただいた飼育スタッフやアクアショップの方々~~
もちろん!雑誌やテレビなどのメディア関係の方々も大歓迎で御座います!!
今年は 『ミカワエビ』 いかがですか?

お気軽にお問い合わせください。
駿河湾での底曳網漁の漁期は例年だと5月上旬までです!急ぎめでご検討ください~
お待ちしております!