大和徳利海蜘蛛

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

本日は THE 深海生物 とでも言いましょうか
気持ち悪い感?グロテスク感?全開の生き物をご紹介します!

 

 

 

 

ヤマトトックリウミグモ(Ascorhynchus japonicus)
こちらの個体は駿河湾の底曳網により採集されました!
生息水深は100~500mに分布しています。

「クモ」と付きますが陸の蜘蛛とは全くの別物でして「皆脚目」に分類されています。
「皆脚目」…あまり聞き慣れませんが、体のほとんどが脚のようなつくりのためなんだとか。
ちなみに胴体が小さいため、臓器などの一部は脚に入っているのだから驚きです!?

 

 

 

 

アップで見てみると…グロテスクですね~完全にエイリアン!!(男心をくすぐるカッコよさ!?)
イソギンチャクなどの体液を餌とするといわれますが、まだまだ飼育に関して謎が多い生き物でもあります。

 

 

 

 

 


ちなみに画像の赤丸の部分が「眼」になります。
つぶらな瞳ですね~

 

 

 

最近では水族館でも比較的、見る機会が増えてきた深海生物でもあります!
きっと水槽の前では…
「うわ~なにこれ」「気持ち悪い~」というような悲鳴ともいえる歓声が響き渡っていることでしょう♪

深海生物をお探しでしたら是非ブルーコーナーにお任せください!
地元漁師さんとの協力体制も強化されており、年々パワーアップしております!!

ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。