闇な魚

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

今日はブルーコーナーへ久々に入荷したお魚をご紹介します!
知名度こそ低いかもしれませんが、その姿は美しくもカッコよく、とても印象的なお魚です♪

 

 

 

 

 

ヤミスズキ(Belonoperca chabanaudi)
自然界ではオーバーハングした岩場や、洞窟や岩陰に身を隠していることが多いようです。
水族館でも出会う機会の少ないお魚ではないでしょうか?

何の魚の仲間だろう?…と思ってしまうような独特な姿形をしています。
実はヌノサラシ科のヤミスズキ属分類されており、一属一種で唯一無二な存在なんです!
そしてヌノサラシ科といえば、小~中型のハタの仲間になりますが
なんといっても危機を感じると皮膚毒を出して、敵を撃退する!という能力を兼ね備えています。

 

ヤミスズキも英名「Arrowhead soapfish」と呼ばれており
「Arrowhead」は先のとがった顔を弓矢のようなと表現しています。
そして「soapfish」は皮膚毒を放出した際に、海水が泡立つことから「ソープフィッシュ」と呼ばれています。

 

 

ヤミスズキはまとまった入荷も少なく、ブルーコーナーにやってくる機会も非常に少ないお魚です。
とても美しく特徴的なお魚をお探しでしたら、是非ブルーコーナーにおまかせください!
収集のリクエストもお気軽にお申し付けください♪