ニャンニャン

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 水族館への生体販売 

水族館やタッチプールで人気の生き物といえば…
そう!やっぱりネコザメ♪

 

 

 

 

 

ネコザメ(Heterodontus japonicus)
誰でも一度は聞いたことや見たことのあるサメではないでしょうか?
サメといっても非常に温厚な性格で、サザエなどの貝類を殻ごとバリバリ食べちゃうワイルド派!

 

 

 

 

顔が猫に似ていることが名前の由来となっています。きっと眼の上あたりがネコ耳に見えたんでしょう~
しかし日本では猫ですが海外では何と呼ばれているのか、意外と知られていなかったり!?

「Japanese bullhead shark」
「bull」=「雄牛」を指しており、雄牛の頭…つまり雄牛の角を意味しています。
日本ではネコ耳とされていた部位が、海外では雄牛の角と表現されているという訳なんです。

 

 

 

 

特にネコザメの問い合わせが増えるのは、GWや夏休みの前に集中する傾向があります。
やはり多くのお客さんがお越しになるタイミングという訳なんですが…


ネコザメは漁期の関係上、冬場によく入荷します!そして温かさと共に捕れなくなります💦
つまり需要のピークを迎える頃には、収集することが難しいのです!!!
今後の補充をお考えでしたら、ネコザメ最盛期の今!ご決断することをオススメ致します。
サイズや雌雄など、気になる点はお気軽にお問い合わせください!

 

 

最後はネコザメの可愛い正面顔でお別れです👋