繁殖コーナー #9 ポートジャクソンシャーク編

Blue Corner Magazine, ブルーコーナーマガジン, 繁殖コーナー 

皆さん、お疲れ様です。繁殖コーナー担当のタイユーです!

6月から一般のお客様にも小売りをスタートし、直接お店に来てくださる方も見えてきました。

ちなみにこちらで紹介している卵や幼生も販売している生き物になりますので、

気になりましたらお問い合わせください<(_ _)>

 

では、今回の主役はこちら!

 

こちらはポートジャクソンシャークの卵です!

こちらのポートジャクソンシャークはネコザメの仲間で、オーストラリア沿岸に生息するサメです。

ネコザメの種類では最も大きくなる種とされており、1.5mを超える個体もいるそうです。

主食は海底にいる甲殻類で、ウニを好んで食べることでも有名です。

夜行性で昼間はあまり動かないため、水族館などで泳ぐ姿はあまり見ることができません。

食用としては流通していませんが、観賞魚としての価値は非常に高いです。

 

そんなポートジャクソンシャークの卵ですが非常に特徴的で、黒いドリルのような形をしています。

変わった形をしていますが、このドリルのようなひだを海藻や岩場に引っ掛けて流されないように固定します。

この卵を年に1回ある産卵期に10~16個の卵を産み、孵化までには10,11か月かかるそうです。

ポートジャクソンシャークの繁殖は2016年にアクアワールド大洗さんが成功しています。

 

会社にて管理しているこちらの卵たちも昨年入荷したものになるのでもうそろそろかと思いますので見守っていきたいと思います。

また実際に生まれたての子を飼ってみたいという方はお気軽にお問合せしていただきたいと思います<(_ _)>