世界の海ザッピング 85話

ブルーコーナーマガジン, 世界の海ザッピング 

 今回はInstagramからの投稿です。

 全然知らなかったのですが、アメリカのハワイ州で今月の始め(2022年1月1日)からハワイ州の周りの海でのサメを狙った釣りなどは禁止になったとのことです。

「ええっ、そうなの!?」とビックリしてしまいました。

 確かにハワイは海に囲まれていて、海の環境に敏感になっているという事はあるかもしれません。
また、アメリカはこうした方がいいんじゃないと科学的に言われていることに対してどんどん進めようという機運が高いのは確かです。
 ハワイは、数年前にすでに、魚を採取したい人に対して新たに許可を出さない事が決まっていて、今、観賞魚の魚を捕獲することを生業にしている漁師さんが辞めてしまえば、それ以降は採取する人はいなくなっていくんです。
 ハワイの生体や環境を守るためとは言え、そこに住む生き物を知る機会が減ることはちょっと残念な気持ちもあるのが正直なところです。
 
 環境を守ることと知ることがいいバランスで両立できるといいですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーー
Shark fishing is now banned in Hawaii! 🦈💙🤙🏻

The following is a written statement from the Hawaii Department of Land & Natural Resources:

“Beginning Jan. 1, 2022, it will be illegal to knowingly capture, entangle, or kill any species of shark in State marine waters. Act 51 (House Bill 533) passed in the last legislative session.”
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ハワイではサメ釣りが禁止されました!

以下は、ハワイ国土天然資源局からの書面による声明です。

「2022年1月1日以降、州の海域でサメの種を故意に捕獲、絡み、殺害することは違法になります。Act 51(House Bill 533)は、前回の立法会議で可決されました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーー

以下は、ハワイで活動している動物写真家のキャスリン・マックィーニィー(Kaitlyn McQueeney)さんの投稿です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kaitlyn McQueeney(@sharkdiver_kaitlyn)がシェアした投稿