おもわず。

アクティビティレポート 

水槽を見ていると素敵な色合いのイソギンチャクが・・・

思わず【パシャリ】と写真にとってしまいました。

 

 

シライトイソギンチャク(Radianthus crispus

インド洋、西部太平洋に分布し、日本では暖かい南の海域に生息しています。

サンゴ礁斜面や、岩などに付着していて、クマノミさんやハナビラクマノミさんなどが共生します。

 

クマノミ達は、毒性のあるイソギンチャクの触手の間に身を隠すことで、敵から逃れています。

イソギンチャクの中でお魚さん達が気持ちよさそうに戯れる姿は有名ですよね。

 

私も一度たわむれてみたいと思う今日この頃・・・

 

触手の先が、ピンクのような・・・パープルのような・・・美しいですね。

美しいものにはトゲ(毒)がある・・・・。

イソギンチャクたちは刺胞毒を持っているので直接触るときには注意が必要です!!

 

こんな美しい生物達をを世界中から収集致します。

海の生物のことなら『ブルーコーナー』までお問い合わせください。よろしくお願いいたします