南オーストラリアから大阪へ

アクティビティレポート, ペットショップへの卸販売, 大型活魚トラック輸送, 水族館への生体販売 

先週末、トラックに魚を積み込み大阪まで配達で行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラック越しに見える建物、特徴的な外観ですから皆さんにもすぐわかりますね! 

何を配達してきましたかと申しますと、鼻の長いサメをトラックに積んで行ってきたのです。

ノコギリザメ、ミツクリザメも鼻が特徴的な種類ですが

海外からやってきたのですよ。南半球から!

オーストラリア現地の水温15℃に水槽温度を設定し冷却器で水温を保持し、泳ぎがスムースに行くように

ラウンドコーナー加工の水槽と、エアーリフトで快適な環境で運べたと思います。

 

今回も無事に納めることが出来まして、関西エリアの方は是非

会いに行っていただければと思います。

肝心のサメの姿が無いじゃないかと、お叱りを受けること承知で今回も掲載しませんので

皆様方、是非とも水族館へおでかけください。

 

週明けまして次の魚類配達に向けトラック清掃と整備でございます。

 

 

 

 

魚も快適に運転手も心地よく行けば、水族館へ来られる方にも伝わるのではないかなあと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーコーナーでは、沖縄のナポレオン、伊豆のサクラダイ、海外のサメまで

全国の水族館・ペットショップ様へと販売しておりますので、いつの日かお近くの水族館で見かけることもあるかと思います。

皆様とお会いするのを楽しみにしております。